引渡済現場リポート

すべての現場|すべて

合理的で快適な住まいを実現した家

平塚市東八幡・Y.N様邸・注文住宅

外観

建築中の現場はコチラでリポート中です!

建物の完成写真が見たい方はフォトギャラリー がオススメです。 工藤工務店のこだわりが知りたくなった方は6つのこだわりへ。 気になる事がある方は Q&A をチェックしてみて下さいね。

工藤工務店の家づくりが気になってきたという方は・・・↓
 

資料請求でもっと詳しく♪

 

 会社案内や施工事例集、家づくりについて紹介した手作り小冊子や間取り集など、参考にして頂ける資料をご用意しております。 

  

 資料請求ボタン

建築中レポート

1.2020年01月20日
BIOS地盤調査
地盤調査

地盤調査を行いました。
「スウェーデン式サウンデング試験」という方法で、写真のような機械で1m弱のロッドの先端に、スクリューポイントを取付けて、建物の4隅と真ん中の合計5点の地耐力を測定していきます。

調査データを地盤保証会社のBIOSへ送り、地耐力に問題無いか判定してもらいます。

2.2020年03月13日
基礎工事
基礎工事着工

一番下に割栗を敷いたら機械で突き固めて、基礎のベースとなる部分を作りました。
そして地中から湿気が上がってこないように、その上に防湿シートを施工します。

3.2020年03月18日
JIO検査
基礎配筋検査(JIO)

本日は、JIO(日本住宅保証検査機構)の基礎配筋検査でした。
基礎の配筋は、建物が完成してからでは確認することの出来ない構造上重要な部分です。
いつものように、検査官は厳しい目で細かな所までチェックしていきます。
いつもの通り、各項目問題なく合格です!!
次の工程は、型枠を組んでからコンクリートの打設になります。

4.2020年03月23日
基礎型枠工事
基礎の型枠工事

先日、組み上がった鉄筋に、コンクリートを流し込めるように型枠を組んでコンクリートを流し込みました。
養生期間をとり、この型枠を取り外したら基礎工事は完了です。

5.2020年03月26日
基礎完成
基礎工事完了

基礎工事が完了しました。
とても綺麗に仕上がりました。

次の工程からは、いよいよ大工さんの工事が始まります。
コンクリートの基礎の上に、土台という檜の木材を敷いていきます。

基礎工事が完了しても、上棟まで作業工程はまだまだたくさん続いて行きます。

6.2020年04月08日
セルロース床シート
セルロース床下シート敷き

基礎の上に土台を敷く工程が完了して、床断熱材の受けシートの取付作業をしました。
このように断熱材を受け止めるシートを施工した状態にしてから断熱材を吹付していきます。床下に断熱材がこぼれないように、配管などの貫通部はすべてテープで隙間を埋めていきます。
床断熱だけは普通の発砲系断熱材を使う会社が多いのですが、工藤工務店は、床までしっかり、セルロースファイバー断熱材を施工します!

7.2020年04月15日
上棟
上棟

上棟しました!おめでとうございます!
施主様のこだわりが詰まった素敵なお家です。
屋根の形が見えるとワクワクしますね。
今から完成がとても楽しみです。

8.2020年04月24日
JIO構造検査
JIO構造検査

JIOの構造躯体検査を受けました。
検査員の方が、構造、金物など、図面を見ながら念入りにチェックしていきます。
壁や天井が仕上がってしまうと見えなくなってしまう所だからこそ、厳しい目で見て頂くと安心です。
もちろん何も指摘を受けること無く合格しました。

9.2020年05月01日
セルロース床施工
セルロース断熱工事開始

セルロース断熱工事が始まりました。
まずは1階の床下から施工していきます。上棟前にあらかじめ床に敷いておいたセルロース専用シートの上に、厚さ10.5cmとたっぷり断熱材を吹き付けていきます。少しの隙間もなく厚く施工しますので、断熱効果抜群です!夏は、エアコンで涼しくなった室内の快適温度を長時間キープします。

10.2020年05月07日
セルロース断熱
セルロース断熱工事完了

セルロース断熱工事がすべて完了しました。
外気に接するすべての面にセルロース断熱材が吹き付けられています。
工藤工務店では吹付工法(ウォールスプレー工法)を採用しています。霧状の水と一緒に、セルロース断熱材に風圧を掛けて壁に吹き付けることにより小さな隙間や手の届かない空間など、壁も床も天井も隅々まで隙間なくビッシリと施工していきます。また、一般的な吹き込み工法と違い、吹き付けられたセルロース断熱材は、柱などの木部に固定されますので、将来的にセルロース断熱材が自重でずり落ちてくる心配がありません。
綺麗に仕上がって一安心です。

11.2020年05月18日
JIO外装下地検査
JIO外装下地検査

外部の防水を確認する検査を受けました。
しっかり工事ができていないと雨漏りの原因になるのでとても大事な検査です。
検査員の方は、足場の上へも登って、配管部分の防水加工や窓枠廻りもしっかりチェックします。
外壁を貼ってしまうと見えない部分なので、このように隅々調べてもらえば安心です。
結果は、すべて合格でした!!
この検査は、採用している建築会社は少ないのですが、工藤工務店では施工品質の強化そして、お客様へより安心を提供するため必ず受けています。

12.2020年05月26日
フローリング施工
2階フローリング施工

2階のフロアーの工事です。
お客様が選ばれたのは、チェリーのフローリング(標準仕様)です。
白木の部分と薄いピンクがおり混ざった色合いが特徴です。
とても落ち着いた雰囲気で人気の床材です。

13.2020年06月10日
オーク幅広
1階フローリング施工

1階の床に選ばれたのはオークの幅広の無垢材です。オークは重厚感があり、木目を活かした落ち着いた風合いが魅力の木材といえます。また、比較的硬く、耐久性に優れています。2階とはまた違った雰囲気を醸し出していますね。

14.2020年07月04日
内装下地工事
内装下地工事

クロス工事が始まりました。
まずは、下地調整のパテ処理からです。石膏ボードの継ぎ目や、下地を固定しているビス頭のへこみなどを、パテ処理して平らにしていきます。パテで下地を綺麗にならしておかないと、クロスを貼った後、表面に下地のでこぼこが現れてしまいます。
この下地処理でクロスの仕上りが決まってしまう、とても大切な工程です。

15.2020年07月09日
内装クロス工事
内装クロス工事完了

クロス工事が完了しました。
写真は2階の洋室ですが、落ち着いた色のアクセントクロスがナチュラルで素敵ですね。

16.2020年08月28日
完成
完成

建物が完成しました。
畳の小上がりもある、とてもゆったりと落ち着ける雰囲気のリビングです。
お施主様の温かなお人柄が随所に感じられる素敵なお家になりました。

すべての現場 - すべて にある

その他の引渡済現場リポート

ページトップへ