建築中現場リポート

すべての現場|すべて

見せる収納でオシャレに暮らす家

平塚市上吉沢・M.K様邸

1.2019年12月27日
外部配管工事
外部配管工事

外部配管工事を行っています。建物の外に出す配管は、その上に砕石やコンクリートを敷くため、駐車場のレベルに合わせて調整しながら設置します。

2.2019年12月24日
軒先軒裏塗装工事
軒先・軒裏塗装工事

外壁サイディング工事が完了し、軒先・軒裏の塗装工事を施工しています。
仕上げ塗装の前に、不燃材下地の継手がフラットになるように下地処理をします。

3.2019年12月19日
内装クロス工事
内装クロス工事

内装クロス工事を施工しています。
こちらの職人さんは20年位の付き合いになりますが、クロス貼り施工はバツグンです。

4.2019年11月08日
JIO防水検査
JIO外部防水検査

外部の防水がしっかり工事できているかを確認する検査です。
防水シートとサッシ干渉部分、電線や配管の貫通部分の防水施工を検査員の方が一ヶ所ごとに確認します。屋根の上まで登って、すべての防水状況をチェックしていきます。このように隅々調べてもらえば雨漏りの心配も無く安心です。結果は、すべて合格でした!

5.2019年11月05日
セルロース断熱天井施工完了
セルロース断熱天井施工完了

アップルゲート・セルロースファイバー断熱材の2階天井施工・小屋裏点検口蓋作成施工が完了しました。
2階天井上には、300mm近く充填しています。押し入れ天井の点検口蓋の上にまで、しっかりセルロースファイバー断熱材が充填されています。
▶【動画】断熱・耐火・防音性能の違いを体感
▶【動画】施工状況を詳しくご紹介

6.2019年11月02日
セルロース壁施工完了
セルロース断熱壁施工完了

セルロース断熱壁施工が完了しました!
施工者の素晴らしい技術で、凹凸や隙間もなく、壁面に滑らかに埋まっています。コンセントの廻りも隙間なく詰まっています。細かい箇所も丁寧に施工し断熱性を高めています。
▶【動画】断熱・耐火・防音性能の違いを体感
▶【動画】施工状況を詳しくご紹介

7.2019年10月23日
セルロース床施工
セルロース断熱施工開始。

アップルゲート・セルロースファイバー断熱材の施工が始まりました。        
工藤工務店は断熱工事を3人掛かりで10日間位施工に掛けます。
1階の床下は厚さ105㎜を吹き付けします。
外周の壁内は厚さ105㎜を吹き付けします。
屋根下の天井上は厚さ200㎜以上を吹き付けします。
工藤工務店のアップルゲート・セルロースファイバー断熱材はウォールスプレー工法なので、構造材に吸着し、隙間は無く、自重で下がる事も有りません。尚且つ100%自然素材です。他の断熱材工事とぜひ比較してください。
※アップルゲート・セルロースファイバー断熱材について詳しく知りたい方はこちらの動画をご覧ください。
▶【動画】断熱・耐火・防音性能の違いを体感
▶【動画】施工状況を詳しくご紹介

8.2019年10月10日
JIO構造検査
JIO構造検査

構造金物の取り付けと耐力面材ダイライトの施工が完了しましたので、本日はJIO(日本住宅保証検査機構)の構造検査を受けました。検査員の方が設計図書と照らし合わせながら、厳しい目で1ヶ所づつ確認し、撮影していきます。壁や天井ができると、見えなくなってしまいますので、大事な検査です。問題なく合格しました。

9.2019年10月03日
ダイライト施工
ダイライト施工

上棟も終わり、本日は耐力面材ダイライトの施工です。
地震の揺れを面で支えるため、力が1点に集中することなく、壊れにくくなります。
大きな地震が来ても安心です!

10.2019年09月24日
上棟
上棟

上棟しました!
台風のシーズンで心配されましたが、本日は風も弱くとても良い日よりでした。これからお施主様の夢が形になっていきます。楽しみですね。

11.2019年09月20日
土台材施工完了
土台材施工完了

土台材施工が完了したので、本日は給排水などの立上げ配管と、床下にアップルゲート・セルロースファイバー断熱材の専用シートを貼り、床合板を貼る工程に入ります。

12.2019年09月13日
基礎高さ寸法確認
基礎高さ寸法確認

基礎工事が完了しましたので、本日は高さ寸法の確認をしました。レベル器材を使って基礎の高さをmm単位で計測します。もちろん、水平施工は保たれ、問題は無しでした。

13.2019年08月29日
型枠施工
基礎型枠施工

立ち上り基礎の型枠を設置しました。
配筋が基礎幅の中央に真っ直ぐにきれいに設置されています。これにコンクリートを打設するので、真っ直ぐ通っていることはとても重要です。アンカーボルトやホールダウン金物の位置も図面通り、問題無しです。

14.2019年08月26日
基礎配筋検査
基礎配筋検査合格!

基礎配筋工事が完了しました。本日は、日本住宅保証検査機構(JIO)の基礎配筋検査を受けました。
工藤工務店の配筋の間隔は、基準よりも狭い20㎝ですので、より丈夫で耐震性のある基礎に仕上がっています。お家の一番基礎になる部分の検査なので、とても厳しい目でチェックされますが、問題なく合格しました!

15.2019年08月19日
基礎工事
基礎工事

基礎工事が始まりました。
まずは、設計図書を確認しながら、建物の位置や地面の高さを特定していきます。
遣り方水盛・もしくは丁割りと呼ばれる作業です。
床掘りまで完了したので、次は砕石敷きの作業です。

すべての現場 - すべて にある

その他の建築中現場リポート

ページトップへ