建築中現場リポート

すべての現場|すべて

H.I様邸

平塚市・山下

1.2019年05月20日
基礎コンクリート打ち
基礎のコンクリート打設

基礎立ち上がり部分のコンクリート打設を行いました。
これでコンクリートを流し込む作業はすべて終えました。

この状態で数日間養生をします。
コンクリート打ちの乾燥が確認できたら型枠を外し
基礎の最終仕上げを行います。

2.2019年05月15日
JIO基礎配筋検査
基礎配筋検査(JIO)

本日は、JIO(日本住宅保証検査機構)の基礎配筋検査でした。
基礎の配筋は、建物が完成してからでは確認することの出来ない構造上重要な部分です。
いつものように、検査官は厳しい目で細かな所までチェックしていきます。
いつもの通り、各項目問題なく合格です!!
次の工程は、型枠を組んでからコンクリートの打設になります。

3.2019年05月12日
型枠工事
基礎型枠工事

基礎のベースができましたので、次は型枠の工事です。
型枠は、基礎屋さんが1つ1つ手作業で組み上げていきます。
型枠なりにコンクリートが流し込まれるので、型枠が曲がっていると完成した基礎まで曲がってしまいます。

簡単にはやり直しのきかない大事な工程です。
しっかりと墨出しをして、慎重に型枠を組み立てていきます。
次の工程は、現場に搬入されてる鉄筋を組んでいきます。

4.2019年05月09日
基礎工事
基礎工事着工

H.I様邸がいよいよ本日から着工となりました!
まずは、敷地を平らにならした後、基礎の下地になる割栗(ワリグリ)と言われる
大きめな石を敷きつめていきます。

割栗を敷いたら機械で突き固めて、基礎のベースとなる部分の工程は完了です。

5.2019年05月07日
HySPEED工法
地盤補強工事

先日行いました地盤調査の結果、地盤補強工事が必要との判定が出ました。
本日は、その地盤補強工事を行いました。

工藤工務店が採用している補強工事「HySPEED工法」と言って、天然の砕石を100%使用した、土壌汚染や環境破壊の心配が無い、とっても地球に優しいエコな工法です。

HySPEED工法で作られる高度な砕石杭は、地震の揺れや液状化に強く、安定した強い地盤をつくります。

専用の先端がドリルになっている重機で、砕石を圧密しながら砕石杭を形成していきます。
圧力を掛けながら砕石杭が形成していくので、杭の回りの軟弱地盤までも同時に補強されます。

また、地盤保証BIOSの採用により、30年という長期の地盤保証をお付けしていますので、万が一のときでもとても安心です。

すべての現場 - すべて にある

その他の建築中現場リポート

ページトップへ