建築中現場リポート

すべての現場|すべて

Y.T様邸

茅ヶ崎市・赤松町

1.2020年08月04日
土台施工
土台施工

完成した基礎の上に、土台という木材を敷いていく工程です。
炎天下の中、汗だくの作業です。ここから大工さんの工事が始まりました。
基礎と土台の間に挟んである黒い部材は、基礎パッキンと言います。床下の換気、通風を確保するもので、これを施工することにより、床下の空気の滞留防止や湿気対策にもなります。

2.2020年08月03日
基礎完成
基礎工事完了

基礎工事が完了しました。
梅雨も明けて、お天気が続きましたので
順調に工事が進み予定どおりに基礎工事が完了しました。

次の工程からは、いよいよ大工さんの工事が始まります。
コンクリートの基礎の上に、土台という檜の木の部材を敷いていきます。

基礎工事が完了しても、上棟まで作業工程はまだまだたくさん続いて行きます!

3.2020年07月28日
JIO基礎配筋検査
基礎配筋検査(JIO)

本日は、JIO(日本住宅保証検査機構)の基礎配筋検査でした。
基礎の配筋は、建物が完成してからでは確認することの出来ない構造上重要な部分です。
検査員の方が、図面を見ながらメジャーで鉄筋の寸法やピッチを確認していきます。
いつもながらの厳しい目でのチェックですが、各項目問題なく合格です!!

そして、次のコンクリート打設にそなえて
基礎の貫通部分に排水管を通しておきます。
コンクリートが打たれたときに動いてしまわないように、バンドでしっかり固定しておきます。

4.2020年07月23日
水盛遣方
基礎工事着工

先日行いました地盤調査の結果が出ました。
地盤の耐力に問題ナシとの判定が出ましたので、そのまま着工の流れになります。

さっそく水盛遣方を行いました。
水盛遣方とは、簡単にいうと建物の正確な位置や高さを示す作業のことです。
この作業により、図面通りの工事を行うことができます。
もし、この工程で間違えが発生してしまうと、建物の位置などが図面と変わってしまい大変なことになってしまいます。

水盛遣方の作業が終わったら、決められたポイントと境界からの距離が図面通りになっているか再度確認して完了です。

5.2020年03月14日
地盤調査
地盤調査

着工する前に、まずは土地の地盤調査を行います。
「スウェーデン式サウンデング試験」という方法で、建物が建つ4隅と中央の計5ポイントの地面を調査機器で圧力をかけて強度を測定します。
調査の結果によっては、地盤補強工事が必要になります。

工藤工務店では、セメントゼロのオーガニック地盤保証「BIOS」を採用しています。
業界最長の30年保証で、お家を足元からしっかりガードします。

6.2019年12月21日
建物部分の解体が完了しました。
建物部分の解体が完了しました。

トラックが横付けできる
とても作業効率の良い現場でしたので
作業がとても順調に進み予定より早く解体工事が完了しました。

更地になりましたので
次は地盤の強度を確認する地盤調査の作業に入ります。

7.2019年12月10日
解体工事
解体工事が始まりました。

古屋が建っている土地なので
更地にしないと建築工事ができませんので
まずは解体工事から始めます。

ご近所へご挨拶して
ご迷惑をお掛けしないよう十分注意しながら作業を進めていきます。

すべての現場 - すべて にある

その他の建築中現場リポート

ページトップへ