スタッフブログ

久しぶりの大山登山

2018/07/01(日) 日々のこと

こんにちは、工藤勇です。

毎年、春になると運動不足解消のために山登りをしているんですが、なかなか腰が重くて行けてませんでした。
やっと行く気になったのですが、あいにくの曇り空で下から見ても山頂部分にはどんより雲がかかっていて、今にも雨が降り出しそうな感じでした。
しかし、ここで行かなかったら、次はとうぶん先になりそうなので、心を決めて登り始めました。

僕が行くルートは、メインの表参道ではなくて、マイナールとの日向薬師から登ります。
ここから登る人は、地元の人がほとんどなので、人にあまり会わなく空いていて良いですよ。
ただ、最近は熊の目撃情報が多いので、万が一の為に熊よけスプレーを持参した方が良いかもしれません。

 日向の名水

入口には、有名な日向渓谷の名水の湧き水スポットがあります。
いつも空のペットボトルに汲んでから行きます。
看板には、「煮沸してから」と書いてありますが、僕はいつもそのまま飲んでいますが今のところは大丈夫です。
やっぱり汲みたては冷たくて美味しいです。

 

 

途中、道脇になっている野いちごを食べながら、栄養補給をしつつ、どんどん山を登っていきます。

 

大山登り口

メインルートとは違い、整備があまりされていないので、かなり荒々しい道なりです。

 

見晴台

途中、見晴台というベンチが沢山ある休憩スポットで休みましたが、こんなお天気なので誰もいませんでした。
雨が降ってくるといけないので、先を急ぎます。

 

雨雲

やな雲が出てきました。

 

雨

やっぱり雨が降り始めました、写真ではわかりにくですが、結構な強風で横殴りの雨です。
引き返そうかと思いましたが、半分以上登ってきているので、そのまま頂上を目指しました。

 

大山山頂

やっとのことで山頂につきました。
雨は何とか上がったので助かりました。

 

大山山頂休憩所

山頂の休憩所にも人が誰もいませんでした。
いつもは、沢山の人で賑わっているのですが、こんな天気なのでみんな登ってもすぐに下山していきます。
僕もオニギリを食べて、そそくさと下山開始です。

 

大山から相模湾

帰りは雨と追いかけっこで、ダッシュで降りてきたので写真を撮る余裕がありませんでした。
あっという間に、大山神社まで降りてきました。
下界は、空もも明るくなってきて一安心です。
ここまで、くれば雨に降られることもないでしょう。

 

男坂の石段

こんな石段が永遠と続く、石段地獄の男坂を下っていけばゴールです。
久々の登山だったので、下りはさすがに膝にきました。

普段、スポーツはしていないので、たまに体を動かすととても気持ちが良いですね。
登山は自然にも癒やされるので、心身共にデトックスされた気分です。
これから、冬まで月1~2回のペースで丹沢の山々を登っていけたらなと思っています。

 

 

記事一覧

1ページ (全6ページ中)

ページトップへ