建て替えをご検討されている方へ

永年住んだ愛着のあるお家。思い切って建て替えるか、内部だけをリフォームするか、悩みます。

どちらもそれぞれ、メリット・デメリットがあります。

工藤工務店ではその一長一短を率直にお話しし、決して急がさず、お客様と時間をかけ話し合いながら、最善の答えを一緒に考えてまいります。

ここでは建て替えのメリット・デメリットを、リフォームの場合と比較しながらお話しいたします。

 


建て替えのメリット

 ❏地盤を触ることができる
 

古い建物を解体していったん更地にする建て替えでは、地盤が緩んだり、傾いていたりした場合に補強や耐震補強をすることができます。一方、構造体を残すリフォームでは地盤を触ることはできません。

 
 ❏現在の生活スタイルを100%守れる
 

現在の家族構成や生活スタイルに合わせて、間取りを自由につくることができます。リフォームでは、どうしても抜けない柱や壁が出てくるため、建て替えほどの自由度は望めません。

 

❏内装・設備のグレードを上げられる

建て替え・リフォームに共通のメリットですが、土地購入の費用がかからないため、その分を内装・設備に回すことができ、グレードの高い仕上がりが可能になります。

 

建て替えのデメリット

 ❏建物が以前より小さくなる場合がある
 

最初に建てた時と現在とでは、建築基準法や自治体ごとの建築条例などが、改正によって変わっています。

新しく建てる場合に、既存の建物ではOKだった建ぺい率が適応されず、建物を縮小せざるを得なくなることがあります。

リフォームであれば構造躯体をそのまま残すため、建物の大きさは変えずに済みます。

 

目に見えない費用が発生する

建て替えでは解体費が発生します。リフォームと比較すると、解体費に加えて仮住まい費・引越し代・地盤改良費・建築代・設計費などが必要となりますので、より綿密な予算計画が必要です。

 
 

お問い合わせ

目的別家づくり|建て替えたい

ページトップへ